先日のゴルフ始めて第4日目。平坦な海側の練習場へ。ちょっと感覚が戻った。

先日の第4日目のゴルフ練習へ
友達が普段、練習へ行っている
海側の地面が平坦な練習場へ行ってきた。

高い建物がなく圧迫感も無く
開放感のある練習場だった。

練習場へ友達よりも
少し早く着いたので
トイレに行った後、
少しゴルフショップを見てみた。

ゴルフ場やゴルフ練習場には
ゴルフショップが併設されている場合が多い。

ゴルフショップが無くても
ゴルフグローブやゴルフボール位は
売っていたりする。

意外と安かったりするので
結構、見て回ると飽きない。

そうしている内に、
友達が来たので
一緒に練習する事にした。

練習スペースから見る練習場は
開放感があり気持ちの良く
練習場自体も広いので
自分がどれだけ飛ばせるのかが
確認出来る。

私の手がマメが破れて痛みがあるため、
友達と交代で打つ事になった。

絆創膏を張ってはいるが
痛みはある。

でもそんな事を気にしていても
早く上手くなりたいので
そのまま練習する事にした。

山側の練習場で打った時よりも
少しマシになった。

友達から
「ショットの時、頭が動き過ぎている」
と言われたことを気を付けながら
打ってみると上手く飛ぶ。

友達は、観察力も分析力も高いので

私がショットしていて
右に飛んでいる時、
左に飛んでいる時、
に後ろから見てもらって
アドバイス受けて修正すると
上手く飛ぶようになる。

人に見てもらうと自分では気付かない事、
無意識にやってしまっている事が
分かるので助かる。

友達が忙しいので
次回は一人で練習に行くことにした。

今回のゴルフ教訓

・人に客観的に見てもらう事は大切という事

・練習場によって雰囲気が違うので
 いろいろな練習場へ行くことも
 良い経験になるという事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です