先日のゴルフ始めて第14日目。夜練習。珍しい1番ユーティリティ。

先日、朝練習の後、
夜ぐらいには身体やマメの痛みが回復してきたので
試しに再度、近所のゴルフ練習場へ行ってきた。

昼の間に、中古ゴルフクラブのお店を回り
珍しい1番ユーティリティと
アイアンで持っていなかった
キャビティ型でスチールSシャフトの
6番アイアン
7番アイアン
8番アイアン
が手に入ったので楽しみに練習に行った。

という訳で今回の
練習ゴルフクラブは、

・1番ユーティリティ
・6番アイアン
・7番アイアン
・8番アイアン

1番ユーティリティは、
コブラというメーカーのクラブで
中々良い感じで上手く飛び
打った感触も良い感じだ。

1番ユーティリティは、
珍しく一度打ってみたかった。

シャフトが長い上に
ヘッドが小さいので
「上手いこと当たるかな?」
と思っていたが

何回か打っていると
上手く当たる様になった。

「クラブセッティングにありかな?」
と感じた気持ち良くクラブだった。

6番、7番、8番アイアンも
安く買えたので
使ってみる事にした。

キャロウェイの
キャビティ型のアイアンで
(もちろん溝規制適合モデル)

ミドルアイアンでも7番は使っているが
6番、8番アイアンと
同じメーカーの同じモデルを
使ってみる事にした。

特に打ちにくいという事も無く
6番も8番も打つことが出来たが

少し前から気になっていたのが

坂田信弘 塾長が御指導されている坂田塾
(坂田ジュニアゴルフ塾)では
最初に7番アイアンではなく
6番アイアンから練習しているという事。

坂田塾(坂田ジュニアゴルフ塾)
https://sakatajyuku.com/

一般的には
「ドライバーからSWまでの中間の
 7番アイアンから練習した方が良い!」と
言われているし私もそうだと思っていた。

ただ、実際に6番アイアンで
自分で打ってみて何となくわかる様に気がした。

7番アイアンから比べれば
当たり前だが若干長い。

その若干長いというのが良い感じだ。

私もゴルフを始めようという人には
今まで一般的に言われている
「7番アイアンから始めた方が良い!」と
言っていたが

単品で6番アイアンが手に入るのであれば
6番アイアンを徹底的に練習してから
他のゴルフクラブを買うのも一つの方法だと
思っている。

この日、夜練習では30~40分程度で
256球打ち

この日の打った球数を合計したら
900球ぐらい打て満足だった。

でも夜練習も500球打っていれば
かなり満足のまま眠れそうだったね(^-^)

今回のゴルフの教訓

・一般的にあまりなく見かける事も少ない
上に使いにくそうな1番ユーティリティは、
意外と使えるかも知れないよ!という事。

・初めて練習するゴルフクラブは、
7番アイアンではなく
6番アイアンから始めるのもアリかも!
という事。

・一回の練習で打てるのは500球程度で
それ以上打つ場合には、
朝と夜など2回に分けた方が手の痛みが引き
効率良く全開で練習出来るという事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です