先日のゴルフ始めて第17日目。練習復活。良い感じのアイアン型ユーティリティ。

先日、背中の痛みが
ある程度、和らいだので
試しに近所のゴルフ練習場へ行ってきた。

背中の痛みが続いていて
3日間ほど練習を控えていた。

今回は、練習ゴルフクラブの
いつもよりも本数を減らし

・タイトリスト 10.5°1番ドライバー
(カーボンRシャフト)

・タイトリスト アイアン型7番ユーティリティ
(スチールシャフト)

・カタナゴルフ アイアン型8番ユーティリティ
(カーボンシャフト)

・クリーブランド 58°
 マッスルバック型サンドウェッジ
(スチールシャフト)

先日、安く購入した
ゴルフクラブも試したかった。

新しく購入したゴルフクラブは、
かなり打ち込まないと感覚がつかみにくいので
打ち放題で約250球ぐらい打った。

背中は痛いけど(^-^;)

一気に打つと痛いので

(特にドライバー)

打ち方は、ゆっくり丁寧に打つことにした。

ドライバーは、とりあえず飛ぶ。

タイトリストの
アイアン型7番ユーティリティは、
中空マッスルバック型という
ちょっと特殊なクラブで
良い感じで良く飛ぶ。

カタナゴルフのアイアン型8番ユーティリティは
購入した中古ゴルフクラブ店長から
「ちょっと打ちにくいかも知れない!」
と言われていたが

とても打ちやすい。

というか
とても打ちやすいので
結構、気に入りのゴルフクラブになった。

クリーブランドの 58°
マッスルバック型サンドウェッジは、

近々行く予定のバンカー練習場で
使うためのもので
最近は、練習時間を多く使っている。

因みにウェッジをいろいろ
揃えていると

・ミズノ 47°ピッチングウウェッジ(PW)
(キャビティバック型)(スチールシャフト)

・キャロウェイ 50°アプローチウェッジ(AW)
(キャビティバック型)(カーボンシャフト)

・クリーブランド 50°アプローチウェッジ(AW)
(キャビティバック型)(スチールシャフト)

・クリーブランド 56°サンドウェッジ(SW)
(キャビティバック型)(スチールシャフト)

・クリーブランド 58°サンドウェッジ(SW)
(マッスルバック型)(スチールシャフト)

・謎のメーカー  60°ロブウェッジ(LW)
(キャビティバック型)(スチールシャフト)

・謎のメーカー  64°ロブウェッジ(LW)
(キャビティバック型)(スチールシャフト)

・リンクスゴルフ 70°ロブウェッジ(LW)
(キャビティバック型)(スチールシャフト)

とウェッジだけで8本になっている。

あと52°と54°があればフルセットだね(^-^)

まあそれは、どうでも良いんだけど。

打っている内に痛みが増してくるので
痛みを誤魔化しながら打っていた。

帰ってから知り合いに相談してみると
どうやら筋肉痛ではなく
使っていなかった関節を急に動かしたことでの
痛みのようで負傷の痛みではなく

固まっている関節を
リハビリしている際に出る
痛みと同じ痛みのようで

ゴルフのスイングでは痛いが
ストレッチしていると痛みが和らいでくる。

すぐに完全回復は出来ないが
リハビリのつもりで
ストレッチをしてくると回復しそうなので

ストレッチを続けつつ
ゴルフのスイングでは痛みを
誤魔化しながらでも
練習を続けようと思う(^-^)

ゴルフのスイング中、
ボールへのインパクトの際に
痛みが出るので当分は辛いところ(^-^;)

今回、たまたま左右打ちの
打席が空いていたので利用したが

あまり使っている人が
居ないようなので

次回は、レフティ(左打ち用)の
ゴルフクラブを持って来て
チャレンジしてみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です