最近は、毎日パターの練習。やっぱり精度が上がる。

最近、道路に雪が積もったりなど
車で出かけられない日があったりするので

ゴルフの練習は家でパター練習をしている事が多い。

2.5mのパターマットをブロックマットで延長させ
4m近くにして練習している。

よく

「パターマットは、
真っ直ぐだから誰でも入るから
あまり練習にならない!」

という話を聞く。

確かにそういうところもあるが
それじゃそう言っている人が
毎日パター練習をやっているかと
いうとやってない。

上達する人は、毎日やっているようなので

「やっぱり練習方法にコツのようなものが
あるのかな?」

と思っていた。

私も最初2.5mだと普通に入るので

「これ以上パター練習をやっても意味ない」

と思っていた。

だけどいろいろ調べてみると
2.5mのパターマットでも
様々な練習方法がある事が分かった。

やっぱり上達する人と上達しない人との違いは
そういうところにあるのだと思う。

それにプロは、
練習時間の40%ぐらいをパッティングに充て

アマチュアは、90%をドライバーの練習に充てる
という話もある。

実際、ゴルフ練習場でも
ドライバーを中心に練習している人が多い。

コースでは、
ティーショット
アプローチショット
バンカーショット
パッティング
の技術が必要になる。

ただ、飛ばせば良い訳でもない。

ゴルフ練習場でも上手い人ほど
ティーショットやアプローチショットなど
コース全体で使うショットを
意識した練習を行ない、

上手くない人ほど
自分が得意なクラブの練習を
中心に練習している。

上達しない人は、上達するために
今の自分がやるべき事のポイントが
ズレているように見える。

自宅内でティーショットや
アプローチショットが
出来る環境の人は少ないと思うが

小さい子供がいるなどでない限り
パターマットで家で練習出来ない人いないはず。

4畳半の部屋でも2mぐらいの
パターマットであれば
置いて練習出来る。

2mあればいろいろ練習出来る。

環境を言い訳にして
結局、練習の積み重ねをしない人と

今、自分が出来る最大限の努力をしている人と
言い訳して努力すらしない人とでは

一か月後、二か月後に差が出るのは当たり前

今、コロナ外出自粛で
自宅にいる人も多いと思う。

ゴルフの上達はコースを廻る事や
ゴルフ練習場でする事だけではない。

自宅でも自分でも出来る事から

あなたも頑張ってみよう(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です