プロゴルファーになるために必要な練習量について。

ゴルフのプロフェッショナルであるプロゴルファー。

そのプロゴルファーになる人は、
プロゴルファーになるまでに
どれぐらいの練習量を行なっているのかを調べてみた。

多くの活躍しているプロゴルファーを育てている
坂田塾のジュニアは、

平日の毎日、一日3時間で最低でも500球のボールをゴルフ練習場で打ち
土日は、ゴルフ場の本コースを廻って
それを10年間続けて初めてプロゴルファーのレベルに
到達するようだ。

他のプロゴルファーだと
一日に800球から1000球打つ人もいたり、
頻繁にコースを廻ったりなど

まずは、球数を打たないと話しにならない感じ。

もちろん、ただ闇雲に打てば良い訳では無いし
研究しながらという前提だけど。

それでも少ない練習量で
プロゴルファーやトップアマのレベルに
到達する事は無いようなので
時間を作って出来るだけ練習する必要があるね。

人それぞれ事情はあると思うけど
自分に言い訳していても上達しないので

結局、自分の今置かれている環境で
最大限の努力が出来るかどうかだと思う。

まずは
ゴルフ練習場で週に数回一日500球ぐらいを打つようにして
週に1回はショートコースを廻るぐらいから始めると良いと思う。

本当にゴルフが上達したいと思っている人は、

本当にゴルフが上手い人達が
どれぐらいの練習量を行なっているかを参考にしながら

自分も同じぐらいの練習量を行なってみると
少しはゴルフの達人に近づけるかも知れないね。

そもそもジュニアが行なっている練習量すら
大人が行えないようじゃ
大きく上達する事は難しいだろうから。

コツコツ出来る事から頑張っていこう(^-^)/

プロゴルファーがやっているスコア作りのコツ!【電子書籍】[ 横田 真一 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です