ゴルフの勉強「コースの長さについて」

今日は、コースの長さについて書いていこうと思う。

ゴルフコースの長さは、本コースの場合、

パー3のショートコース

パー4のミドルコース

パー5のロングコースの3種類のコースがあり、

通常ゴルフコースは、

ショートコースが4ホール

ミドルコースが10ホール

ロングコースが4ホール

で合わせて18ホールある。

それと

ショートコースは
コースの長さが250ヤード以下で
パー3(つまり3打でカップイン)で作られており

ミドルコースは
コースの長さが251ヤード~470ヤード以下で
パー4(つまり4打でカップイン)作られており

ショートコースは
コースの長さが471ヤード以上で
パー5(つまり5打でカップイン)で作られている。

ちなみに日本一長いロングホールは、
ギネスブックにも認定されてことがある
栃木県 佐野市のゴルフ場の
「皐月ゴルフ倶楽部 佐野コース」にある
16番ホールの964ヤード(パー7)。

・THE ROYAL GOLF CLUB – ザ・ロイヤルゴルフクラブ

コースレイアウトを見ると
真っ直ぐに近いロングホールのようなので

1打目でフェード気味にドライバーで約350ヤード、

2打目で
3番フェアウェイウッド(スプーン)で
真っ直ぐ約260ヤード近く飛ばして

3打目でロングアイアンの2番アイアンで
真っ直ぐ約240ヤード近く飛ばして

4打目でロフト角52度のアプローチウエッジで

グリーンへオン出来そうな感じだが
そう簡単には行かないか(^-^;)

ちなみにゴルフコースには、
通常トーナメントなどが行なわれる本コースと
パー3のコースを中心に作られているショートコースがある。

とりあえず今回は、

ショートホールの特徴
・パー3
・本コース中で4ホール
・250ヤード以下

ミドルホールの特徴
・パー4
・本コース中で10ホール
・251ヤード~470ヤード以下

ロングホールの特徴
・パー5
・本コース中で4ホール
・471ヤード以上

というように

本コースには3種類のコースがあって

本コースとは別に
ショートホールと同じパー3で作られた
ショートコースというのもあるというのを
覚えておいてね。

飛ばすのが好きな人は964ヤード(パー7)の
ロングホールは是非、チャレンジしたいところだね。

ショートコースは、次回に(^-^)/

2021年度版 すぐに役立つ ゴルフルール(池田書店)【電子書籍】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です