先日、ダンロップパースリーコースへ行ってきたよ!天気が良く涼しい。

先日、朝7時にダンロップパースリーコース
(ショートコース)へ行ってきたよ!

ゴルファーの朝は、早い。

ゴルフ場の多い地域を車で走っていると
朝5時ぐらいでもやたらと車を見かける。

「朝早くから皆、元気だな~!」
と思いながらも私もその一人。

朝4時や5時に起きて
すぐに車に乗って出かける感じだ。

その分、夜早く寝るけどね(^-^;)

ダンロップパースリーコースのある兵庫県は、

日本ゴルフ発祥の地でもあるので
かなり多くのゴルフ場がある。

ダンロップパースリーコースへ向かう道も
ゴルフ場が多いので
(ダンロップパースリーコースの
 となりもダンロップゴルフコースだけどね。)

どんどんそれぞれのゴルフ場の専用道路へ向かって
車が入っていく。

「皆、今日は一日楽しいだろうな~!」

と思いながら車を走らせていくと

朝7時15分ぐらいに到着。

この時間は、ショートコースを廻っている人が
居ない事が多いので良く来るんだけど

受付の人に聞いたら
今回は、もうすでに3人廻っているとの事。

私も手続きだけ先に済ませ
準備する事にした。

受付では、
スコアカード、

スコアカード用の鉛筆、
グリーンマーカーを貰い。

車へ移動して

今回からゴルフクラブを絞り込んで
練習する個ことにしたので

ゴルフクラブは、

・7I(7番アイアン)
・58°サンドウエッジ
・64°ロブウエッジ
・パター

を使う事にし、

・ゴルフグローブ
・ゴルフボール30個
・グリーンフォーク
・ティ-

と一緒にキャディバックへ入れて

第1ホールへ向かう事にした。

前の組の人がまだフェアウェイにいたので

ティイイングエリアの外で
とりあえず待機。

ホールアウトしてから
第1ホールのティイイングエリアへ入りティーショット。

もう一枚

今日も天気が良くて涼しい。朝だし。

ショートコースの途中にある避雷小屋の写真。

避雷陣というみたい。
・避雷陣 商事事業 阪急産業株式会社

普段は、スコアを考えず
どんどん打っていく感じだけど、

今回は、スコアを考えながら打つ事にした結果。

9ホール中、
ボギーが4ホール
パーが3ホール
バーディーが2ホールだった。

最初は、「大体パーになれば良いかな?」
程度で考えながら適当に回っていた時は
ボギー続きになったけど、

「このホ-ルは、絶対パーを取る!」
「このホ-ルは、絶対バーディーを取る!」と

決めたホールは、パーやバーディーが取れた。

やっぱり集中力が違うのだろうと感じだ。

他にも、
私の場合スイングは中途半端なスイングより
フルスイングで思いっきりの方が綺麗に飛ぶという事や

飛ばしたくない所を気にするよりも
飛ばしたい所のみに集中する方が
その場所に綺麗に飛ぶという事。

それと意外なのが
飛ばしたい所へ真っ直ぐ打つつもりが
そのまま飛ばず
スライスになって斜面や木に当たって
跳ね返り結果的に飛ばしたい所に
ボールがあるという事がよくある。

自分の心理と
自分の身体の動きと
ボールを打った結果を
分析しながらゴルフをしているけど
中々面白い感じ。

色々やっているうちに
最終ホールの第18ホール。

ちょっと違う角度から
もう一枚。

グリーン手前の登り坂から見たグリーンと空。

第一打目で約5ヤード残してバーディーパット。

綺麗に入って最終ホールはバーディーで終了!

今回も3時間ほど
様々な独自練習方法を使った
パッティング(パターを打つ事)の練習をした。

パターは結構、面白い。

何時間やっていても飽きない。

でも最近は自宅ではパターの練習をやっていない。

2ヤードでも3ヤードでもパターマットで
真っ直ぐだと何回やっても入るので
意味が無いと感じていた。

それに最近、毎日のようにゴルフ練習場や
ショートコースへ行くので
その時に、広いパター練習場で練習しているから。

ゴルフ練習場やショートコースの
パター練習場だと

風や暑さや寒さなどの自然を感じたり、

人から見られながらのパッティングなど

自宅では体感できない練習が出来るから
今は、そういう場所で何時間も練習している。

今回は、ショートコースを廻る前の人が
複数練習に来たので
3時間ほどで切り上げる事にした。

でも誰も来なかったら朝から日没まで
8時間位練習したかった。

近々カップインするパターゴルフが出来る場所が
あるみたいなので行ってみようと思う(^-^)

・ダンロップパースリーコース 中国道西宮北ICからクラブハウスまで約7分 兵庫県神戸市北区のパースリーゴルフ場です。

ゴルフ場の予約・検索ならじゃらんゴルフ

ゴルフの名言から学ぶ事。優れたパットの名手たちは・・・。

ボビー・ジョーンズの名言で

「私の知っている優れたパットの名手たちは、パットのみならず、
その他のすべてのアプローチ・ショットを、
少なくともピンへ届くように打った人々である」

という言葉がある。

どこから打つにしても

ピンに寄せるように打つか

カップインするように打つか

あなたは、どっち?

私なら打つんだったら
カップに届くようなら
カップインするように打ちたいね!

ゴルフは名言でうまくなる (幻冬舎新書) [ 岡上貞夫 ]

ゴルフ湯呑 ゴルフ名言集[雑貨][ゴルフコンペ景品 ゴルフコンペ 景品 賞品 コンペ賞品][ゴルフ用品 グッズ ギフト プレゼント]

ゴルフ練習で思う事。ロングゲームかショートゲームがどちらが大切かについて。

ゴルフは、段々とにかく出来るだけパワーで飛ばす!

というのが
有効なスポーツになりつつあり
プロの世界でもそうなりつつあるようだ。

以前から

出来るだけ遠くへ飛ばして
グリーンオンを狙って出来るだけ
ストローク(打数)を少なくするロングゲームと

ドライバは飛ばせるだけ飛ばして
アプローチショットからパッティングまで
出来るだけストロークを少なくするショートゲームの

どちらが大切かという話しがある。

私は、ゴルフクラブの性能を最大限発揮して
楽しむのがゴルフというゲームだと思っているので
両方が大切だと思っている。

プロの世界は別にして
プライベートで楽しむ分には、

出来るだけ飛ばしたいのであれば
ドライバーであれば最新のドライバーに買い替えれば良いだけ。
(もちろん今使っているドライバーを
 性能限界まで発揮して使っているという前提だけど)

一般的には、どちらかといえば
ショートゲームの方が大切かも知れない。

全ホールをドライバーでグリーンオン出来る訳では無いし
ドライバーショットとアプローチショットの比率を考えれば

練習の多くは、アプローチショットやパッティングに時間を使う方が
スコアアップにつながると思う。

結局、パッティングで入らなければ
スコアは上がらないとゴルフをやっている人は

皆、分かっているが
練習場ではドライバーの練習を中心にしている人が多い。

私は、むしろ方向も定まらないのにドライバーを打ちまくっている人より
アプローチショットを丁寧に地道に繰り返し人の方へ目が行く。

私が思う練習の優先順位は
①パッティング

②アプローチショット

③ドライバーショット
だと思っている。

あなたもゴルフコースで
一番自分が手にしている時間が長いものから
練習してみてはどうかな。

Cool Golf ショートゲーム・マスター【電子書籍】[ 新井真一 ]