ゴルフ初心者にありがちな事。ゴルフクラブフルセットで練習場へ?練習には必要なクラブの順が・・・・。

ゴルフ練習場でまだあまり打てないのに、
ゴルフクラブフルセットで来ている人をよく見かける。

私はむしろ、本数を厳選して
練習に来ている人の方に目が行く方。

練習場に来る中級上級者は、
限られた時間で練習しに来ている人が多いので
ゴルフクラブを厳選して少ないクラブで
練習した方が有効的だからだ。

そんな中、まだ買ったばかりだろう。

有名なメーカーのキャディバックに
新品の最新ゴルフクラブのフルセットの初心者を
見かける。

「毎週、練習しているのに全然当たらない!」
とか言いながら・・・?。

私は、最初に必要なゴルフクラブは、

6番アイアンか7番アイアンの1本で十分だと思っている。

実際のところドライバーやフェアウェイウッドの練習を
いきなり練習してもしょうがない。

だってドラバーやフェアウェイが打てなくてもゴルフは出来るけど

アイアンは打てないとゴルフ出来ないという事と

アイアンがきちんと打てるようになれば

ドライバーやフェアウェイウッドも打てるようになるからだ。

その基本練習に良いのが
6番アイアンか7番アイアンで

私も最初、ロフト角(ヘッドの角度)や
シャフト(クラブの棒部分)の長さで

7番アイアンを中心に練習していたけど

坂田信弘塾長の坂田塾や大学のゴルフ部でも
6番アイアンを中心に練習している事を知ってから

6番アイアンで練習してみたら長さ的にも
7番アイアンだと若干短く感じ、

「ドライバーからパターまでの中間の長さが
 6番アイアンなので練習に有効的!」

という話は納得できるところ。

ただ、アイアン単品の打っているのが
7番アイアンが多いので
そこをどうするかだね。

順番的には、


・6番アイアンか7番アイアン
※練習場で飛距離は出なくても良いので
 とりあえず100%、前に飛ばせるように成る事と
 80%真っ直ぐ飛ばせるところから。


・6番アイアンか7番アイアン
・パター
※①出来るようになったらパターを追加して
 ショートコースへ!ゴルフが楽しくなるよ!
 パターマットを買って自宅でパター練習も追加してね!


・6番アイアンか7番アイアン
・SW(サンドウエッジ)
・パター
※SW(サンドウエッジ)を追加する事で
 本コース(ゴルフ場のコース)での
 バンカーにも対応出来るね。


・ドライバー
・6番アイアンか7番アイアン
・SW(サンドウエッジ)
・パター
※これでロングホールも対応出来るね!

⑤ここまで出来て初めてフルセットを活用出来るよ!

もちろん、いろんなゴルフクラブを
打ちたい気持ちは分かる!

だけど本当の意味でのゴルフの上達を考えたら
上記の順で練習していく事が
一番の近道という事に気付いてね(^-^)

もし自分が
「どのゴルフクラブを打ってもイマイチだな~」
と思う人は、

もう一度最初に戻ってみてはどうかな。

坂田信弘「ゴルフ進化論」 基本編 Part.1 ショートスウィング【動画配信】

坂田信弘「ゴルフ進化論」 基本編 Part.2 ダウンスウィングからインパクト【動画配信】

坂田信弘「ゴルフ進化論」 基本編 Part.3 インパクトゾーンからフィニッシュ【動画配信】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。