左打ち(レフティ)の本格的な練習開始 第1日目!まずは、ウェッジから(^-^)

今年の目標の一つである
レフティの本格的な練習を開始することにした。

ちなみにゴルファーの多くは右打ちだけど
レフティとは、左打ちの事。

以前、3番ユーティリティを打ってみたことがあるけど

そのユーティリティが
3番フェアウェイウッドと同じ長さのシャフトで長く
ロフト角も他のメーカーの1番ユーティリティと同じ16°で
結構、ハードルが高かったので
そのまま保管していた。

今回は、本格的にレフティを始めようと思って
まずは、PWに近い番手の48°ウェッジと
LWの60°のウェッジを買って練習場へ向かった。

ヤード数が短い練習場だったので
遠くの飛距離は、あまり確認出来ないけど
ある程度までに飛距離は見れるので
試しにレフティのウェッジを打ってみた。

48°のウェッジの方は、飛ぶ時には大体70Yぐらい
60°のウェッジの方は、飛ぶ時には大体50Yぐらい

15分ほど練習してみたけど
練習初日で考えるとまあまあかな。

打ち方を洗練していくと飛距離が伸びると思う。

あと、意外と打ちたい方へ真っ直ぐ飛んでるので
結構、レフティ側もいけそうだ。

確実に球を上げられるようになったら
レフティのみでショートコースを廻ってみたい。

(ちなみにパターは左右対称パターで
 時々自宅のパターマットで打っているけど
 2.5mのパターマットで普通に入る感じだよ!)

久々に3番ユーティリティも打ってみた。

右打ちが出来るようになっている影響か
以前よりも打ちやすい。

それでもシャフトの長いのとロフト角が16°と立っているので
芯を捉えて打てても中々球が上がらない感じだ。

この3番ユーティリティは3番フェアウェイウッドの
つもりで打つ必要があると思っている。

けどヘッドがフェアウェイウッドに比べると
かなり小さいけど・・・。

それでもレフティの練習が楽しくなってきたので
少し前に見たレフティの3番アイアンを練習の後、
買いに行ってみると
まだあったので買ってきた。

自宅で素振りしてみると何とか打てそうなので
次回のレフティ練習は、

・3番ユーティリティ(ロフト角16°)
・3番アイアン(ロフト角21°)
・48°ウェッジ
・60°ウェッジ

で行ってみよう~と思う。

左右両打ちゴルファーを目指してコツコツ進もう(^-^)/

レフティー 無刻印 ウェッジ ゴルフクラブ 新溝 ルール適合 Wedge 豊富なロフトバリエーション 左 左打ち レフティ 【Ly】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。