先日、ゴルフ練習場へ行ってきた。PINGのBLUEPRINTの7番アイアンを打ちに!

先日、レフティの練習も兼ねて練習場へ行ってきた。

今回は、レフティの練習がメインなので
PINGのBLUEPRINTの7番アイアンは、
「どんな感じかな?」という様子見で
10球ほど打ってみた。

とても打ちやすい。

いろんな打ち方も試してみた。

スタンスを

・スクエア
・オープンスタンス
・クローズスタンス
・ワイドスタンス

にして打ってみたり、

クラブの軌道を

・インサイドイン
・アウトサイドイン
・インサイドアウト

で打ってみたり・・・。

何となく、打った感触が
タイトリストの718MBに比べると
ヘッドの厚みを感じる感じ。

打ったボールは、殆ど真っ直ぐ飛び
「誰が打っても真っ直ぐ飛ぶんじゃないか」
と思った感じ。

適当に打ってみたけど
やっぱり真っ直ぐ飛んでいく。

飛距離も
それなりに出る。

よくマッスルバック型のアイアンは、
上級者向けとか初心者には、難しいとか
言われているけど。

私は、マッスルバック型のアイアンを
初心者が打てないとも思わないし
上級者向けだとも思ってない。

そもそもゴルフを始めて1カ月後に
マッスルバック型の3番アイアンを買って打ったけど
数球打ったら普通に打てるようになったし。

その時は、タイトリストの
マッスルバック型のアイアンだったけど。

ゴルフの世界では、

マッスルバック型のアイアンや
ロングアイアンは、
初心者には難しいとか言われているけど
経験上、そんな事は無い。

その世界でも
「定説は・・・」とか
「普通は難しい・・・」とか
いろいろ言われているけど

私は、経験則で物事を考えるので
まずは、「やってみる!」から始める事にしている。

ゴルフの固定観念や既成観念に惑わされずに

自分のやりたいようにゴルフを楽しもう(^-^)/


ピン BLUEPRINT 単品 N.S.PRO MODUS3 TOUR120 スチールシャフト PING ブループリント 公認フィッターが対応いたします。 左右有 日本正規品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。