左右両打ち練習(右7ヶ月目、左7日目)。PINGのBLUE PRINTレフティ2番アイアンが届いた。

先日、PING(ピン)のBLUE PRINTの
レフティ2番アイアンが届いたので
さっそくゴルフ練習場へ行ってきた。

今回の練習用ゴルフクラブは

右打ち
・2番アイアン タイトリスト 718T-MB
・6番アイアン タイトリスト 718MB

左打ち(レフティ)
・2番アイアン PING(ピン) BLUE PRINT
・6番アイアン タイトリスト 716MB

の四本で

今回は、PING(ピン) BLUE PRINTの2番アイアンが
どんな感じかと

左右で6番アイアンを中心に練習する事にした。

まずは、

右打ちのタイトリストの2番アイアンから打ち出して

次に右打ちの6番アイアンを打ち

次に左打ちの6番アイアンを打ってから

最後に左打ちの2番アイアンを打つ事にした。

練習で打っている左打ちの3番アイアンと
長さが近いので
特別打ちにくいという訳では無いけど

芯に当てて打つまでには、
ちょっと練習が必要のようだ。

まだ真っ直ぐぐらいの高さでは飛ぶが
飛距離が出ない程度なので
打ち方も改善していこうと思う。

今回、気付いたのが右打ちの方が
左打ちを始めてから
あまり球数を打って練習していないけど
前よりもスムーズにスイングが出来るようになっている。

それと意外と左打ちの6番アイアンが
安定して飛ばせるようになって来ているので
ヤード数の長い広いゴルフ練習場で

どれぐらい右打ちの
飛距離に近づいているか
確認したいぐらいだ。

PING(ピン)のBLUE PRINTの2番アイアンは、
フルスイングでは、まだ芯に当てて飛ばせないので
ハーフスイングで芯に当てて打ってみたら

軟らかい打感で
とても良い感じフルスイングで
芯に当てて飛ばせるようになれば
気持ち良いんだろうな~と思う。

私の感覚では芯に当てた打感に関しては、

タイトリストは、
ちょっと硬い目な感じ、

PING(ピン)や
ミズノは、軟らかい感じかな。

どちらも良い感じだけどね(^-^)

それと今回、練習していて

すぐに右打ちと同じ打ち方が
出来ると思っていたけど

そうは行かず、

やっぱり右打ちと同じ成長過程で
上達していっている感じだ。

ただ、右打ちをレッスンプロに習わず
自分で自分を成長させてきたので
(書籍やYouTube動画は参考にしたけど)

順番に何を何から練習していけば
良いかを分かっている。

だから右打ちの時よりも
大幅に成長スピードが早いはず、

これからも
コツコツ練習を
積み重ねていこうと思う(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。