私が思うゴルフクラブを運ぶ物の組み合わせ。キャディバック、クラブケース・・・

以前は、ゴルフクラブを運ぶ物として
クラブケースとキャディバック
しかなかったようだが

今は、ゴルフクラブを運ぶ際に使うものとして

●クラブケース
(ゴルフクラブ1本~5本ぐらい)

●セルフスタンド式クラブケース
(ゴルフクラブ1本~5本ぐらい)

●セルフスタンド式軽量中型キャディバック7.5型ぐらい
(ゴルフクラブ5本~8本ぐらい)

●セルフスタンド式軽量大型キャディバック9型
(ゴルフクラブ14本ぐらい)

●自立式大型キャディバック9型
(ゴルフクラブ14本以上)
がある。

価格は、
●クラブケース
(大体、2000円ぐらいから)

●セルフスタンド式クラブケース
(大体、5000円ぐらいから)

●セルフスタンド式軽量中型キャディバック
(大体、安い物だと5000円ぐらいから)

●セルフスタンド式軽量大型キャディバック
(大体、1万円以上ぐらいから)

●自立式大型キャディバック
(大体、1万円以上から)

使い方の組み合わせは

例えば、
移動手段としては

●クラブケース
(歩いて、自転車、バイク、電車)

●セルフスタンド式クラブケース
(歩いて、自転車、電車)

●セルフスタンド式軽量中型キャディバック
(近所で歩いて、自動車のみ)

●セルフスタンド式軽量大型キャディバック
(近所で歩いて、自動車のみ)

●自立式キャディバック
(自動車のみ)
※ゴルフ場への宅配も可能かな?

使う場所としては、

●クラブケース
・短時間練習する時の打ちっ放し練習場
・パター&バンカー練習場

●セルフスタンド式クラブケース
・短時間練習する時の打ちっ放し練習場
・パター&バンカー練習場
・ショートコース

●セルフスタンド式軽量キャディバック
・少し長めの時間練習する時の
 打ちっ放し練習場
・様々なゴルフクラブを使いたい時の 
 ショートコース
※使用ゴルフクラブが少ない人は
 本コースで使えるかも。

●セルフスタンド式軽量大型キャディバック
※個人的には一番使い回数が多い
・長時間複数のゴルフクラブの
 練習をする時の打ちっ放し練習場
・ショートコース
・本コース

●自立式キャディバック
・長時間複数のゴルフクラブの
 練習をする時の打ちっ放し練習場
・本コース

あたりになる。

今は、ネットで安く買えたり出来るし
そもそも毎回どこにでも
自立型の大型キャディバックを
持って移動していると
重たいし不便で疲れるだろう。

特にセルフスタンド式クラブケースは
とても便利で役に立つ。

使ってみるとそれが良く分かるよ!

使う場所や使う本数で使い分けると
とても便利だと思うし私もそうしている。

この四つの組み合わせを活用して
ゴルフライフを楽しもうね(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。