(右打ち) 3番アイアン(3I)詳細

■■■ Titleist(タイトリスト) ■■■

■右打ち 3番アイアン(3I・ミッドマッシー) MB 714

発売日 2013年11月 

購入の際に、ゴルフショップの店員から、
今時、プロでも使ってないとか、
初心者には難しいとか、いろいろ言われたけど
結局、打ち始めて数球で普通に打てるようになった。

記念すべき最初のマッスルバックアイアン(^-^)

●ヘッド情報
・ヘッド素材 軟鉄
・ヘッド製法 鍛造
・ヘッド仕上げ サテン仕上げ
・ロフト角 21°
・ライ角 60°
・オフセット 0.125インチ
・バウンス(度)2°

●シャフト情報
Dynamic Gold S200

・FLEX-S
・長さ 39インチ
・クラブ重量 415g
・スイングウエイト D2
・シャフトトルク 1.4~1.8°の間
・キックポイント 手元調子

●グリック情報
Golf Pride Tour Velvet
(ゴルフプライド ツアーベルベットラバー)

・標準重量 45gか50gか52g

————————————-
■右打ち 3番アイアン(3I・ミッドマッシー) MB 710

発売日 2009年11月1日

Xシャフトでロングアイアンを
打ってみたかったので買った3番アイアン。

最初は、150ヤードぐらいしか飛ばなかったけど
2~3日練習したら200ヤード以上、
飛ぶようになったので結構使える。

スイートスポットが小さいので
最初は芯に当てにくかったけど
打っている内に段々慣れてくる感じ。

重さと硬さを感じるアイアン。

●ヘッド情報
・ヘッド素材 軟鉄
・ヘッド製法 鍛造
・ヘッド仕上げ ニッケルクロームメッキ(ミラー仕上げ)
・ロフト角 21°
・ライ角 60°
・オフセット 0.125インチ
・バウンス(度)2°

●シャフト情報
FST KBS TOUR 

・FLEX-X
・クラブ重量 130g
・キックポイント 中調子

————————————-
■■■ CallaWay(キャロウェイ) ■■■

■右打ち 3番アイアン(3I)
Big Bertha IRON 2002 Model
(ビックバーサ アイアン)

発売日 2002年1月

グーズネックのロングアイアンを
試しに使ってみたかったので買った3番アイアン。

スチールシャフトとカーボンシャフトで比べてみたけど
飛距離は、やっぱりスチールシャフトの方が飛んだ。

ゴルフクラブ全体の重さが影響してそう!

●ヘッド情報

・ヘッド素材 SUS630(17-4ステンレス)
・ヘッド製法 ロストワックス精密鍛造
・ロフト角 21.0°
・ライ角 58.9°

●シャフト情報

N.S.PRO 950GH Stiff FLEX スチールシャフト

・シャフト硬さ FLEX-S
・シャフト長さ 39.0インチ
・シャフトのトルク 2.3
・シャフトのキックポイント 中調子
・バランス D1

————————————-
■右打ち 3番アイアン(3I)
Big Bertha IRON 2002 Model
(ビックバーサ アイアン)

発売日 2002年1月

同じ番手でスチールシャフトとカーボンシャフトの違いを
知りたかったので買った3番アイアン。

打った感覚はスチールシャフトと極端には変わらないけど、
飛距離は少し落ちる。

でも身体への衝撃は、
やっぱりカーボンシャフトの方が少ないので
身体を痛めにくいのはカーボンシャフトの方だと思う。

●ヘッド情報

・ヘッド素材 SUS630(17-4ステンレス)
・ヘッド製法 ロストワックス精密鍛造
・ロフト角 21.0°
・ライ角 58.9°

●シャフト情報

JV Big Bertha AM / AT(カーボンシャフト)

・硬さ FLEX-R
・長さ 39.0インチ
・トルク 4.5
・キックポイント 先中調子
・バランス D0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。