ゴルフ練習をしていて思う事。練習量の調整と身に付ける必要な事ついて。

練習量について思う事がある。

まだまともに打ててない
一般ゴルファーほど、
本当に練習量が少なすぎる。

一週間に100球ぐらいで
「中々上達しない」などで
悩んだりしてるけど

運動経験がある人であれば

どんな運動でも
ある一定の練習量を
こなさなければ
上達以前に、
基本を身に付ける事が
出来ない事を知っている。

どんな運動であれば
最初の内は、毎日練習して
その運動を身体を作っているのも
当たり前で誰でも知っている事。

まあ、勉強でも運動でも仕事でも
身に付けるために
プロセスは同じなんだけどね。

ただ、プロゴルファーを目指していたり
トップアマを目指している人は別にして

一般的に単なる趣味で
ゴルフをやっているゴルファーの場合には、

仕事の事情や家庭の事情など
ゴルフばかりに時間を使う訳には
行かないだろうから

ひたすら多くの練習量を
こなし続けるのが現実的ではないのも事実。

ゴルフで、
まず最初に身に付ける必要な事は、

・真っ直ぐ飛ばせる事。
・平均的な飛距離を飛ばせる事。

この二つ。

アプローチショットなどでの飛距離の調整や
フェードボールやドローボールなどの事は
すぐに完璧に出来ないとコースを
廻ってゴルフを楽しめない訳でも無い。

真っ直ぐ飛ばせて平均的な飛距離を打つ事が出来れば

とりあえずゴルフを楽しむことが出来ると思う。

もちろんパッティングの練習や
バンカーの練習もある程度必要だけど。

私は、
・真っ直ぐ飛ばせる事。
・平均的な飛距離を飛ばせる事。

この二つが出来るようになるまでは、

理想は毎日だけど

出来るだけ日にちを開けずに
ゴルフ練習場へ通う方が
順調に上達すると思う。

・真っ直ぐ飛ばせる事。
・平均的な飛距離を飛ばせる事。

の二つが出来る様になる頃には

ある程度ゴルフ技術が
維持出来るぐらいになっているから

毎日、練習く行くような事を
しなくても大丈夫だと思うよ。

ただ、その頃には毎日練習へ行きたくなるほど
ゴルフにハマっているかもね(*^-^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。