私見(上達編) ゴルフが上達しない人の問題点。素直で柔軟にが大切。

何年もゴルフをレッスンプロに習っていても
上達しない人が結構いるみたい。

問題点は2つで

・我儘である事。
(つまり素直じゃない)

・頭が固い事
(つまり柔軟に考える事が出来ていない)

ゴルフはプロレベルを目指す以外に、

ただ楽しみ程度に、ある程度打てて

ゴルフとして成り立つぐらいになるのであれば、

簡単なスポーツで

野球やテニスのように、

飛んでくるボールを打つ訳でも無く
止まったボールを打つだけで反射神経もいらないし

走り回るほどの体力も必要無い。

だからこそ小さな子供から高齢者まで
参加しているスポーツだし

年齢性別運動能力関係なく楽しめるスポーツだと思う。

ただ、練習場などで見ていても思うけど

上達しない人は本当に上達しない。

世の中には、ゴルフが上達する本が溢れ

ネット動画では多くのレッスンプロや上級者が

ゴルフ上達のためのコツを無料で配信してくれている。

それプラス、一般ゴルファーからは見れば

遥かにゴルフの上級者のレッスプロから

習っているにも関わらず

上達しなくて悩んでいる人達が多いのには、

誰からゴルフ技術を習うとか

何々理論とか

こういうこと以前の問題点がある事に

気付く必要があると思うよ。

その問題点に気付いて改善しない限り。

どんなに優秀なレッスンプロに習ったり

どんなに優れたゴルフ理論を学んでも上達はしないよ。

ハッキリ言って。

これは、ゴルフに限らず

運動だけでなく仕事でも勉強でも共通の事だけど

年齢性別関係なく

我儘で頭の固い人は、成長しないし、

逆に素直で頭が柔軟な人は、成長が早い。

よく子供が成長が早いであったり

上達が早いというのは誰でも知っていると思うけど、

その理由は、

聞いた事を素直に取り入れて

「こういうのもアリかも」という柔軟な思考で

自分に取り入れていこうとするから。

だから吸収が早く成長や上達も早い。

ある程度の年齢になると

自分は、「こうだから!」と

基本やコツも掴んでいないに

自分本位に考えて判断したり行動する。

その上、人から新しい情報を得ても
「まあ、そういう考え方もあるかもしれないけど
 自分は、こう思うから変えずにいこうかな。」

と自分に素直に取り入れようとしない。

大人になっても高齢者になっても

素直で柔軟な発想の人は、

「そういうやり方で改善されるのであれば
 どんどん試してみよう」

「それで改善されるのであれば
 自分に吸収していこう」と

素直で柔軟で尚且つ前向きな考え方が出来る。

これが決定な差として現れる。

上達したいと思って

沢山のゴルフの本を読んだり

沢山のゴルフ動画を見たり、

毎週のようにレッスンプロに習いに行っている人は、

多いと思う。

でも、上達するために頑張っているあなたは、

本に書いてある事を忠実のやっているの?

ゴルフ動画の説明を最初から最後まで

ちゃんと聞いて練習しているの?

レッスンプロからのアドバイス通りに

スイングをやっているの?

新しい情報を本当に生かす事で出来ているの?

我儘で頭の固い考え方のままでゴルフをやっていても

いつまで経ってもお金が無駄にどんどん減っていくだけで

上達しないよ。

本当にゴルフが上達したいのであれば、

ゴルフを始めたばかりの自分に戻って

素直で心と柔軟な頭に切り替えて練習しようよ。

少しずつでも上達すればするほど

楽しめるのがゴルフなんだからね。

ゴルフは始める人も多いスポーツけど

途中で嫌になって

やめていく人も多いスポーツでもある。

あとは、あなた次第だね。

ゆっくりでも、前向きに頑張ってね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。