左右両打ち練習(右8ヶ月目、左16日目)左右アイアンとウェッジ

先日、午前中にいなみゴルフセンターのショートコースへ行って

夕方からゴルフ練習場の打ち放題へ行ってきたよ。

今後は本コースやショートコースを中心に
練習していこうと思うから

おそらくゴルフ練習場へ行く機会も
当分無くなりそうだから
600球を念入りに打つ事にしたよ。

今回の練習用クラブセッティングは、
右2I,6I,7I,8I,SW58 左4I,6I,8I,LW60

右打ち
2番アイアン(2I)
6番アイアン(6I)
7番アイアン(7I)
8番アイアン(8I)
SW(サンドウェッジ)58°

左打ち(レフティ)
4番アイアン(4I)
6番アイアン(6I)
8番アイアン(8I)
LW(ロブウェッジ)60°

まずは、
右打ちの2Iから打ち始めて順番にSWまで打って行って

次に
左打ち(レフティ)を4番アイアンから順番にLWまで
一通り打った後、

右打ちの2IからSWまで

フルスイング、
スリークォーター、
ハーフスイング、
30ヤードや50ヤードの目印へのランニングアプローチショットの
練習をして

左打ち(レフティ)の4番アイアンからLWまで

フルスイング、
スリークォーター、
ハーフスイング、
30ヤードや50ヤードの目印へのランニングアプローチショットの
練習をしてから

最後の方は、
ショートアイアンとウェッジでの
コントロールショットの練習をしたよ。

今回、当分ゴルフ練習場へは行かないので
必要な事を念入りで練習した。

今回、自分で練習していて分かったことが

・意外とコースの時と違って
7番アイアンよりも8番アイアンの方が
コントロールショットの精度が高かった事。

・私は、飽きっぽいので一球ごとに別のゴルフクラブで打つ方が
集中力を切らずに打ち続ける事が出来るという事。
(同じゴルフクラブで打ち続けると
飽きるので大体2球目は適当に飛ぶことになる)

・右打ちでも左打ちでも
もう3番アイアンぐらいまでは同じ飛距離で
コントロール精度も近くなってきているという事。

・もう、ただボールを真っ直ぐ打ったり
カップへ向かって打たない練習をしても
金と時間の無駄で意味が無く
少しの間、ショートコースでの練習を中心にして
本コースのショートホール対策やアプローチショットの練習の
精度を上げる練習の方が良いだろうと思った事。

これから短期間でスコアを75まで上げるつもりだから
どんどんゴルフ技術の完成度を上げる
スピードを加速いく必要がある。

本コースは、回るのに時間が掛かるから
短時間でいろいろ試すことが出来るショートコースは、
本コースと併用するけど
近々、本コースを中心のゴルフ練習に変えていこうと思っていて

予定では、

・ショートコースで練習ラウンド
・ショートコースのオープンコンペ参加
・1人で本コースの練習ラウンド
・本コースへ1人予約
・本コースのオープンコンペ参加

みたいな感じかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。