キャディバックについて思う事。私はセルフスタンド式と自立式の両方持っている。

ゴルフクラブを運ぶ際に

ゴルフクラブを入れる
クラブケースかキャディバックが必要になる。

今回は、キャディバックについて
書いてみようと思う。

キャディバックには、
大きく分けて二種類あり

斜めに立てて使うタイプの
セルフスタンド式のキャディバックと

そのまま立てて使うタイプの
自立型のキャディバックがある。

キャディバックは、
複数のゴルフクラブメーカーや
おしゃれ系ブランドでも出ており

斜めに立てて使うタイプの
セルフスタンド式の
キャディバックで

ゴルフクラブとしても有名なメーカーでは

Titlest(タイトリスト)

PING(ピン)

Callaway(キャロウェイ)

TaylorMade(テーラーメイド)

ゴルフウェアメーカーでは

ADMIRAL GOLF(アドミラルゴルフ)

などからも出ており、

自立型キャディバックでは

ゴルフクラブとしても有名なメーカーでは

Titlest(タイトリスト)

PING(ピン)

Callaway(キャロウェイ)

TaylorMade(テーラーメイド)

ゴルフウェアメーカーや
おしゃれ系メーカーでは

ADMIRAL GOLF(アドミラルゴルフ)

パーリーゲイツ

などから出ている。

ゴルフクラブのフルセットである14本を入れるには
やはりキャディバックが必要で

私の使い方としては
複数のゴルフクラブで練習したい時に
持っていくゴルフクラブの数で
中ぐらいのキャディバックと
大きいキャディバックを使い分けている。

もちろん本コースでも
キャディバックの使い分けが必要になると思う。

大きい自立型キャディバックは、
キャディバック自体が重いので

身体の負担が大きく練習やコース周りに
負担がかかるような人には

軽量セルフスタンド式キャディバック
を使ってみるのも一つの方法だと思う。

因みにキャディバックには、
大きさを細かく分けると3種類ぐらいあり

8~9本入るタイプ

何とか14本入るがキツキツタイプ

余裕で14本入るタイプ

があるので

自分が必要なゴルフクラブの数に
合わせて使い分けてみるのも良いかもね(^-^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。