左右両打ちショートコース!「ダンロップパースリーコース」早朝

先日、早朝、天気が良かったので
ダンロップパースリーコースの
ショートコースへ行ってきたよ。

いなみゴルフセンターの
ミニコース(ショートコース)は、
池や谷が少ない距離も短いコースで
意外とスムーズに廻れたのと

先日、ダンロップパースリーコースの18ホールを廻って
中々良い練習になったので

池や谷も多く距離も少し長い
ダンロップパースリーコースを
左打ち(レフティ)中心に
左右両打ちでもう少し廻る事にした。

早朝、到着出来たけど今回のメインの練習は、
パター練習とバンカー練習で

誰も居ないコースを廻る事が出来たので
9ホール30分ぐらいで廻り

今回は、多くのコースを
左打ち(レフティ)で廻る事にして
ティーショットして
アプローチショットして
パッティングする感じ。

ショートコース9ホールを廻ってクラブハウスへ帰ってきて
すぐにパター練習場へ向かった。

新しいパターの感覚が掴めず
いろいろ試しながら打ってみる事にした。

今回の練習クラブセッティングは、

●右打ち
・8番アイアン
・SW58°(サンドウェッジ)無刻印ウェッジ スチールシャフト
・SW58°(サンドウェッジ)クリーブランド カーボンシャフト
・LW64°(ロブウェッジ)ビクサー スチールシャフト 

●左打ち(レフティ)
・8番アイアン
・LW60°(ロブウェッジ)無刻印ウェッジ スチールシャフト 

(でも殆ど左打ちの8番アイアンとLW60°しか
 使わなかったけどね。)

今回のショートコースでの課題は、

・左打ち(レフティ)で
 スムーズにコースを廻れるかどうか。

パターとバンカーは、後で練習場で練習するとして

コースでの課題の

・左打ち(レフティ)で
 スムーズにコースを廻れるかどうか。

左打ち(レフティ)が
スムーズに打てるようになってきた。

120ヤードぐらいまでであれば、
もう大丈夫な感じかな。

ショートアイアンもウェッジも良い感じ。

ショートアイアンでも
ランニングアプローチショットも
ウェッジでのアプローチショットも
良い感じで仕上がってきている。

今回、思った事や感じたことを

まとめると

ショートアイアンやウェッジに関しては

・右打ちも左打ち(レフティ)も
ゴルフ練習場で練習する必要がないぐらい
仕上がってきた事。

・ライの状況(コースでのボールがある場所の状況)
に合わせて右でも左でも打てるようになってきている事。

・新しいパターの感覚が上手く掴めないので
結局、思ったよりもスコアを崩している事。

・逆に120ヤードまでのショートコースでは
ほとんどティーショットからグリーンへ
ワンオンしているので
1パットでカップイン出来るようになれば
ほとんどバーディーが取れそうな事。

・本コースへ向けて、そろそろ
左打ちのミドルアイアンやロングアイアン、
右打ちのロングアイアンで
今まで以上の飛距離と方向性の正確さの練習が
必要かな?と思う事。

ゴルフ場の予約・検索ならじゃらんゴルフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。