(右打ち) 1番ウッド(1Wドライバー)詳細

■■■ Fourteen(フォーティーン) ■■■

■右打ち 1番ウッド(1W・ドライバー)
フォーティーン DT-112

発売日 2016年10月08日

「シャフトが長い方が遠心力を使って
 遠くへ飛ばせるかな~!」

思って出来るだけ長尺のドライバーを
探していて見つかったドライバー。

250ヤードのゴルフ練習場の
正面のネットを越える飛距離が出る優れもの。

長さが47インチあるので振り応えがある。

もちろん軽~く打っても結構飛ぶので
中々楽しめるドライバー。

ただ、競技ゴルフで使う場合、
2022年1月の大会から
46インチ以上のドライバーの使用が
禁止されている大会もあるので
プライベートで廻るのに楽しむと良いね!

・ヘッド素材 フェース(LD433+チタン)、
       ボディ(811チタン)
・ヘッド製法 精密鋳造ボディ
・ヘッド体積 460cm3
・ロフト角10.5°
・ライ角59.5°
・バランス D6
・シャフト MD-250ZD カーボンシャフト
・シャフトの硬さ FLEX-R
・トルク 6.0
・キックポイント 中調子
・クラブ全体の長さ 47.25インチ
・クラブ全体の重さ 291g

■■■ DUNLOP(ダンロップ) ■■■

■1番ウッド(1W・ドライバー)
XXIO(ゼクシオ) TOUR SPECIAL ツアーモデル

発売日 2000年

今時のドライバーヘッドの体積の
殆どが460cm3になっている。

小さくても440cm3ぐらい。

クラブヘッドは、
小さいヘッドが好きなので
(アイアンもだけど)

ゴルフショップで
ヘッドが小さめのドライバーを見ていたら
たまたま見つけて店員さんに調べてもらったら
SLE適合モデルという事で買ったドライバー。

古いけどヘッドが小さいので非常に打ちやすい。

シャフトも46インチあるので

今時のドライバーのように
45インチよりも長尺なドライバー。

個人的には、
これでも250ヤードは飛ぶので十分使える。

ゼクシオのドライバーって本当に打ちやすいよ!

Rシャフトだとヘッドスピード落として
ゆっくり振っても飛ぶので
楽に飛ばしたい時に良いかもね!

・ヘッド素材 6AL-4Vチタン
・ヘッド製法 真空精密鋳造
・ヘッド仕上げ 偏光塗装仕上げ

(ソールとフェースはサテン仕上げ)
・ヘッド体積 305cm3
・ロフト角 11°
・ライ角  56°
・バランス D1
・シャフト XXIO MP100カーボンシャフト  
・シャフトの硬さ FLEX-R
・トルク  4.5
・キックポイント 中調子
・クラブ全体の長さ 46インチ
・クラブ全体の重さ 285gぐらい

■■■ DUNLOP(ダンロップ) ■■■

■1番ウッド(1W・ドライバー)
XXIO(ゼクシオ) TOUR SPECIAL ツアーモデル

発売日 2000年

少し前に買った
XXIO(ゼクシオ) TOUR SPECIAL ツアーモデルが
ロフト角11°でシャフトがRシャフトだったので

「Xシャフトだったら、どんな感じかな?」

と思いながら探していて見つけたXシャフトの
ゼクシオドライバー。

こちらも250ヤードは、飛ぶので十分使えるし
個人的にはXシャフトの方が打ちやすい。

Rシャフトでも打てなくは無いけど
真っ直ぐ飛ばそうと思ったら
ヘッドスピードを下げて打たないといけない。

でもXシャフトだと思い切って打っていける。

こちらは、SLE適合モデルで
尚且つ60°測定法で46インチなので
競技ゴルフのルールでも使える。

私にとっては、
今のところ外せないドライバーだね!

・ヘッド素材 6AL-4Vチタン
・ヘッド製法 真空精密鋳造
・ヘッド仕上げ 偏光塗装仕上げ
       (ソールとフェースはサテン仕上げ)
・ヘッド体積 305cm3
・ロフト角 9°
・ライ角  56°
・バランス D3
・シャフト XXIO MP100カーボンシャフト  
・シャフトの硬さ FLEX-X
・トルク  4.4
・キックポイント 中調子
・クラブ全体の長さ 46インチ
・クラブ全体の重さ 285gぐらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。