左右両打ちSC!「いなみ」「ダンロップ」「ゴルフアベニュー」一日72H。

先日、一日で3か所のショートコースへ行ってきた。

3か所のショートコース合計72ホール廻ったので
とても長い一日になった。

行ったショートコースは、

・ダンロップパースリーコース 18ホール

・いなみゴルフセンター 合計18ホール

・枚方カントリー ゴルフアベニュー 合計36ホール

まず

早朝は、5時に起きて5時30分に、
ダンロップパースリーコースへ向かった。

来週は、雨の可能性があるし、
この日は朝から夕方まで曇りが続きそうだったので
出来るだけショートコースを廻りたいと思っていた。

まだ朝は寒く、途中の山道では霧も出ていた。

開始時間少し前に到着し、準備していると
もう一人来ていて少し時間をずらして廻る事にした。

雨上がりなので地面は湿っているし
グリーンも転がしにくい。

「こういう状況の練習になるな~」と思いながら

第1ホールを終えると

もう前の人に追いついてしまったので

ボールリフティングをしながら待っていると

第2ホールが空いたので少しゆっくり目に廻る事にした。

後ろの組の予約が30分後で

今回は、7番アイアンと9番アイアンを使うかどうかも

試したかったのでスロープレーにならない程度で

各ホールでティーショットや
ランニングアプローチなど
いろいろ試してみた。

7番アイアンと9番アイアンも
有ってもいいけど
6番アイアンと8番アイアンがあれば、
無くてもいいかなという感じだった。

おそらく人によって
コントロールショットがある程度出来る人であれば
ミドルアイアンと
ショートアイアンは1本ずつで
飛距離的に賄えるのだと思う。

それとパターの打ち方の
コウライグリーン(高麗芝)と
ベントグリーン(ベント芝)での
違いも確認したかった。

ダンロップパースリーコースの
グリーンは、コウライグリーン(高麗芝)で
転がりにくく
早朝の芝が湿っている時間は、
さらに転がりにくくなるため、
強いパッティングが必要になる。

試してみるとやっぱりそうだった。

まだ朝の早い時間だったので
曇っていて涼しい間で廻れて
ダンロップパースリーコースの
ショートコースを18ホール廻った後、

まだ曇り空だったので

次は午前中、約一時間で移動して
いなみゴルフセンターの
ショートコースへ向かう事にした。

最近、ショートコースへの土入れなど
補修が行なわれていて2日間ほど使えなかったので
電話してみると一応使えて
朝からまだ誰も廻っている人が
居ないとの事で
ゆっくり廻れるかと思い向かった。

駐車場へ到着して受付を済ませて
ショートコースへ行ってみると
4組が廻っていて若干停滞状態だった。

最近は、平日でも人が増えているようだ。

いなみゴルフセンターのグリーンも
ダンロップパースリーコースのグリーンと同じ
コウライグリーン(高麗芝)で
グリーンの補修が行なわれた後なので
転がりにくく強めにパッティングする必要があった。

それはそれで練習になるけどね。

ここでも時間があったので
ショートコース脇に咲いている花を眺めながら待って

ホールが空いたら
左打ち(レフティ)の7番アイアンや9番アイアンで
いろいろ試しながら廻った。

左打ち(レフティ)も
6番アイアンと8番アイアンで
十分かなという感じだった。

一人だと
どんどん進むので18ホールで50分ぐらいだけど
結局、2時間かかってしまった。

もう昼過ぎになっていたので

少し休憩してから
次の「枚方カントリー ゴルフアベニュー」へ
向かう予定だったけど
カーナビで見ると約2時間30分も
掛かりそうだったので

すぐに次のゴルフアベニューの
ショートコースへ向かう事にした。

途中で渋滞になる所が複数あり
結局、到着したのが夕方で

今回は、回り放題で36ホール廻るつもりで
いろいろ試せそうだったので

右打ち
・6番アイアン
・7番アイアン
・8番アイアン
・9番アイアン
・58°ウエッジ
・64°ウェッジ

左打ち(レフティ)
・6番アイアン
・7番アイアン
・8番アイアン
・9番アイアン
・60°ウエッジ

を全てキャディバックへ入れて担いで
夕方から夜に駆けて
ゴルフアベニューのショートコースを廻る事にした。

受付を済ませて聞いてみると
この日も
やっぱり廻っている人が多いようだ。

今回は、インコースから廻る様に言われ
第1ホールへ行き折角なので9番アイアンで
ティーショット。

見事に手前の池の奥ギリギリの池の中に落ちた。

やっぱり6番アイアンか~と思いながら
軽くティーショット。

グリーンヘ綺麗に乗った。

そのまま第2ホール、第3ホールと廻り

小さな川がある第4ホールは、
奥にテニスコートがあり
ボールが飛んでいく事があるようで
SW(サンドウェッジ)で
打つように指定されているホールで

次の第5ホールに2組待ちがあり
私の後ろの組が居なかったので
ウェッジを
いろいろ試してみた。

最初は、
右打ち64°のロブウェッジで打ってみたら
ピンへ向かって綺麗に飛んだけど
飛距離的に綺麗に手前の川に入った。

次に
左打ち(レフティ)60°ロブウェッジを打ってみたら
飛距離的には良かったけど右へ飛びフェンスに当たって
これも川にボールが入った。

最後は、
右打ち58°のサンドウェッジで打ってみたら
グリーンオンしたけど
かなりグリーン奥へ飛んだ。

川に入れないようにと思い力が入り
かなり飛ぶ結果になった。

SW(サンドウェッジ)でも
飛ばそうと思えば100ヤード近く飛ぶので
気を付けないといけない。

このあと、どんどんアウトコースを廻り、

その後インコースを廻り、

その後は、またアウトコースを廻る感じで廻って行った。

昼間は暑かったけど夜は、かなり涼しいぐらいだった。

ゴルフアベニューのショートコースは、
夜、照明が明るく見やすいけど
丁度、夕方ぐらいは
ボールがどこに飛んだか分からない時があるので

今回、夕方は、
ボールを飛ばすゴルフではなく
ボールを転がすゴロフで行く事にした。

フェアウェイが
池は道路で繋がっていないホールは、
ある程度、飛ばす必要があるけど

フェアウェイが繋がっている所は、
転がしでグリーンへワンオンさせるように打つ。

これが結構、練習になる。

傾斜や地面の凸凹を使って
ボールを転がしたりなどしながら
打ってみた。

一番助かるのがボールが無くならない事。

ゴルフアベニューを廻っていると
意外とボールを無くす機会が多かったので
ボールが無くならず経済的な事と
コースマネジメントの向上の練習にもなるので
一石二鳥だ。

完全にあたりが暗く夜になると、

ある程度ボールが見えるようになるので

打ったボールをグリーン周りの淵に当てて
ボールの勢いを弱める打ち方も試してみた。

これは、グリーンが早い場合、
直接ランニングアプローチで乗せると
転がり過ぎてグリーンオーバーする事が多いので
試したかった事で

まだ、上手くいく時と行かない時があるけど
上手く使えるようになればコースの
攻め方の幅が広がるから
練習してみようと思う。

ゴルフアベニューのショートコースは、
ベントグリーン(ベント芝)で早いグリーン。

コウライグリーン(高麗芝)の調子で
強めにパッティングすると果てしなく転がって行って
グリーンオーバーする。

パターには、

・ハードタッチ(強めのパッティング)
・ソフトパッチ(弱めのパッティング)

の2種類がある。

私は、どちらが
自分に合っているのかと思っていて
両方練習してみたけど

結論は、

ベントグリーン(ベント芝)で
・ハードタッチ(強めのパッティング)
・ソフトパッチ(弱めのパッティング)

コウライグリーン(高麗芝)
・ハードタッチ(強めのパッティング)
・ソフトパッチ(弱めのパッティング)
を試した結果

両方使える必要がある事に気付いた。

これは、パターだけでなく
アイアンやウェッジなどでも
両方の打ち方が使える必要があると
最近、思い始めている。

ゴルフは感覚のスポーツなので
感覚を大切に行なう方がより楽しめるので
これから洗練させていこうと思う。

この日の私のゴルフアベニューの最終は、
インコース(山岳コース)の第18ホールで
20:30に終了して帰る事になった。

この日は、一日で

ダンロップパースリーコース18ホール

いなみゴルフセンター18ホール

ゴルフアベニュー36ホール

合計72ホール廻った。

朝、家を出かけたのが5時30分で

夜、家に帰って来たのが23時で

とても充実した一日だった。

■今回、思った事や感じた事など■

・ロングアイアン、ミドルアイアン、
 ショートアイアンは
 1本ずつぐらいでも良いかもという事。

・やっぱりショートコースであっても
 コースを廻る方が練習場より学べることが多いという事。

・前は待ち時間がストレスだったけど、
 よく考えてみたら1人で廻っているよりも
 4人で廻っている方が時間がかかるのが当たり前なので
 待ち時間は気にせず自分の練習に集中したり、
 風景を眺めてみたり気持ちを落ち着ける事が出来た事。

・パッティングは、パターの種類によるかも知れないけど
 強いタッチと弱いタッチの両方が必要で
 片方だと対応出来ないグリーンがあると思うという事。

・一日で複数のショートコースを廻る場合、
 各ショートコースで大体、どれぐらいの時間で廻れるか
 把握しておく必要があるという事。

・コースによってグリーンの芝の種類が違うので
 事前に備え付けの練習用グリーンで転がり具合を
 確認しておいた方が良いと思う事。

・各ゴルフクラブ1本で数ヤードの
 コントロールショットを行なえることは、
 やっぱり身に付ける必要があるという事。

・合計72ホール廻ったけど
 体力的には、物足りない感じで
 私も結構、元気だな~と思った事。

本コース対策には、ベントグリーンでの練習は外せないので
これからはベントグリーンの
ショートコースの利用を考えながら
ショートコースを廻ろうと思う。

もうちょっと涼しかったら一日中、
ショートコース廻り放題を廻って
一日100ホールぐらい廻ったら
上達が早いかもね。

夕方、前の組の待ち時間があったので
途中のホールで空を眺めていたら流星が飛んでいた。

ココのショートコースは眺めが良いので
とても好きだ。

ゴルフ場の風景を楽しむのもゴルフの楽しみの一つだね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。