「練習場」カテゴリーアーカイブ

ゴルフの勉強「ゴルフ練習場の使い分けについて」

今回は、ゴルフ練習場の使い分けについて
書いてみようと思う。

私は、ゴルフ練習場を使い分けている。

分け方としては、

●ヤード数は短いけど打ち放題で安い練習場。
(つまり沢山打てる)

●300ヤード以上で飛距離を目視できる練習場。
(つまりゴルフクラブごとの飛距離を確認出来る)

に行くようにして

ゴルフ練習場ごとに合った練習方法を行なっている。

例えば

●ヤード数は短いけど打ち放題で安い練習場

打ち放題で打つようにして
アイアンでのアプローチショットを中心に
少ない時には300球ぐらい多い時には700球ぐらい
ひたすら打ちまくる練習。

特にボールに当てる練習には有効的。

一番大切な当て感みたいなものが身についてくる。

まずは、それが無いと
空振りしているようじゃ先に進まないから。

●300ヤード以上で飛距離を目視できる練習場。

ドライバーやフェアウェイウッド、
ロングアイアンなどを中心に

実際の飛距離の確認や
ボールが地面に到達するまでの軌道の確認したり

長いゴルフクラブで思いっきり打つ練習にもなる。

特に、ドライバーで300ヤード以上飛ばせる人は
300ヤード以上あるゴルフ練習場じゃないと確認出来ないから。

(実際300ヤード以上のゴルフ練習場は少ないけどね)

私は300ヤード以上で飛ばせるゴルフ練習場に行く時には、

・ドライバー2種類
・フェアウェイウッド3番
・フェアウェイウッド4番
・フェアウェイウッド5番
・フェアウェイウッド7番
・フェアウェイウッド9番
・ロングアイアン2番
・ロングアイアン3番

を持って行って練習する事もある。

ゴルフ練習場は、ネット情報以外でも
探してみると意外と安く練習出来るところもあるので

(ホームページも無いゴルフ場やゴルフ練習場が意外とある)

何か所か見つけておくと良いと思う。

それとゴルフ練習場は屋根がある場合が多いけど

雨の日でも練習出来るインドア練習場も見つけておくと
雨の日や夏の暑い日に空調の効いたスペースで
快適に練習出来るので良いと思うよ!

今回は、
目的に合わせた
ゴルフ練習場を見つけて使い分ける事と
インドア練習場見つけておくと

いつでも練習出来るという事を
覚えておいてね(^-^)

2021年度版 すぐに役立つ ゴルフルール(池田書店)【電子書籍】