「日本オープンゴルフ選手権へ向けて」カテゴリーアーカイブ

日本オープンへ向けて④!ゴルフクラブがルール適合か確認しとかないとね!

練習するもの大切だけど
大きな大会に出る以上、ゴルフクラブが
ルール適合か確認しておく必要があるね。

今回、新しく追加されたところで
46インチを越える長さのクラブ使用が
禁止になったところが
私には影響がある。

私は、ドライバーをいくつか持っているけど
一番飛ばせるのは、フォーティーンのDT-112。

これはシャフトが47インチ以上あり
プライベートでは良いけど競技には使えない。

もちろんDT-112にも47インチのシャフトだけでなく
45インチのシャフトもあるので全てのDT-112が
使えない訳ではない。

昨年、10月ぐらいに
R&A(全英ゴルフ協会)と
USGA(全米ゴルフ協会)が
ローカル-ルとして

「パターを除くゴルフクラブの長さは46インチ以下」
と決められて
2022年1月から施行されるとのことで

日本の競技では、
どうなるのか気になっていた。

「日本は後々には、なるんじゃないか?」
という声もあったけど

やっぱり日本オープンで禁止されることになった。

競技に参加する以上ルールを順守する必要があるので

実際に関わる用具(ゴルフクラブなど)のルールと
気にする必要があるのは、

私の場合、

・SLE適合ルール 15°以内のゴルフクラブの反発係数
(ドライバーと一部のフェアウェイウッドぐらいかな?)

・溝規制適合ルール
(5I~9Iのアイアンとウェッジかな。)

・パターの形状
(ゴルフクラブメーカーに確認してみたよ。)

もし競技に出る人は、
R&Aのホームページで確認するか
(パター以外のものは写真入りで確認出来る)

ゴルフクラブメーカーのホームページにも
載っているのでHPから確認するか

(タイトリストやミズノは、
 ホームページに掲載されている)

各ゴルフクラブメーカーに
直接電話して聞いてみるのも一つの方法。

私も一部のゴルフクラブはメーカーに
問い合わせて確認しているよ!

あまり一般的に使われていないものの場合、

当日、レフリーや競技委員という人に
今回の大会で使用可能か
どうか確認する必要がある。

その時点が使えないと
言われるとショックだけどね(^-^;)

前もって確認出来るものも多いので
当日、持って行ってこの競技では使えないと言われたり
勝手に使って失格にならないように気を付けようね。

日本オープンへ向けて③!どういう風に予選や本選を進んでいくのか。!

JGAグリーンクラブ会員になれたので
次は、本コースへ・・・。

の前に、

具体的にどのように予選や本選が
進んで行くのかを調べる事にした。

日本オープンゴルフ選手権の本選へ向けての
ルートは複数ある。

ごく一般の人が参加するには、

一般的には、

JGAのハンディキャップを取得して
ドリームステージコンペティションに参加し、
勝ち進んで地区予選に出て
さらに勝ち進んで
日本オープンゴルフ選手権の最終予選に出る方法と

つまり
①JGAハンディキャップ取得

②ドリームステージコンペティション 4月か5月

③地区予選 7月か8月

④日本オープンゴルフ選手権 最終予選 9月

⑤日本オープンゴルフ選手権 本選 10月

もう一つは、
JGAのハンディキャップ3.9までを取得して
地区予選に直接出る方法。

つまり
①JGAハンディキャップ3.9までを取得

②地区予選 7月か8月

③日本オープンゴルフ選手権 最終予選 9月

④日本オープンゴルフ選手権 本選 10月

他にも各地区のゴルフ連盟などが行なっている
トーナメントで優勝したりすると
日本オープンの最終予選に出る事が
出来る場合もあるみたい。

でも多くの人は、やっぱり
ドリームステージコンペティションか
地区予選からだと思う。

私の場合、申込期限の関係で

ドリームステージコンペティションから
出るのであれば
3月中に、
とりあえずハンディキャップを取得して申込すれば
参加出来るようなのでそうするか

直接地区予選に出るのであれば
4月中に、ハンディキャップ3.9までを取得するか

今、考えているところ。

(ハンディキャップインデックス3.9までって
 スコア75以内?結構なハードルだね)

ちなみに、
もしドリームステージコンペティションに参加して
勝ち抜くことが出来ず予選落ちしたら
ハンディキャップインデックス3.9まででも
地区予選に申込出来ないみたい。

だから
ドリームステージコンペティションから進むか
ハンディキャップ3.9までを取得して
直接、地区予選に進むか考えどころ。

まあ、ドリームステージコンペティションで
予選落ちするようであれば

地区予選に出てて意味が無いだろうと
思われてもしかたがないだろうけど。

とりあえずは、
ハンディキャップインデックスを
取得するところから開始だね!

3月中までに
ハンディキャップインデックス3.9まで、

つまりパー72のコースで
スコア75以内で廻れるレベルまで
レベルアップ出来るかどうかだね。

・ゴルフ練習場

・ショートコース

・ショートコースのコンペ

・本コース

・本コースのコンペ

この5つのローテーションで
行動していくかな。

早く練習したいけど
左打ちの練習のやり過ぎで右肋骨が
かなり痛いのが早く収まれば良いんだけど・・・。

とりあえず、出来る練習から始めていくかな。

それより次は、今
使っているゴルフクラブはルール適合か?
を調べてみようと思う。

日本オープンへ向けて②!先日、JGAのグリーンクラブ会員になった。

日本オープンゴルフ選手権へ参加するために

いろいろ調べてみると
いくつかのルートがあるようで

その前に

とりあえず、
何から始めたら良いかを調べてみたら
ハンディキャップインデックスを
取得する事が必要の事。

JGAに電話して詳しい事を聞いてみた。

JGAの電話対応の人達は、

本当に丁寧で分かりやすい説明を

行なっていただけるので

問い合わせした際には、とても助かる(^-^)

ゴルフの倶楽部や団体に所属する方法と

それ以外には、

直接JGAの会員になる方法があるとの事で

折角なのでJGAの会員になる事にした。

JGAのホームページにある
会員申込書に必要な事項を書き込んで
(名前とか住所とか簡単な内容)

FAXで送るかJGA宛てに郵送で送るかで手続きが出来る。

「コンビニからFAXで!」というのも考えたけど

これから大きな競技に出る節目という事で
手書きで書きこんで郵送で送る事にした。

3日ほどで年会費を支払う振替取扱票が送られてきたので
すぐに郵便局へ振り込みに行った。

それから3日ぐらいで
会員入会承認通知が来て
これでJGAのグリーンクラブ会員になることが出来た。

私の場合は、

こちらから申込書の郵送から会員入会承認通知の到着まで

大体一週間ぐらいで思ったよりも
早く手続きを行なう事が出来た。

これでJGAコースレーティングに登録されている
ゴルフ場の本コースを廻って
ハンディキャップインデックスを取得すれば
ドリームステージコンペティションに参加出来る。

ちなみに4月から
ハンディキャップインデックス取得の仕組みが変わるので
4月1日~7日までシステムが停止するようだから
早めに手続きを進めた方が良いよ!

次は、実際に予選や本選など、
どのように進めて行ったら良いかを書いていこうと思う。