「ゴルフクラブの事」カテゴリーアーカイブ

ゴルフ初心者は気を付けよう!ゴルフで嘘だと思う事。マレット型パター&ネオマレット型パター編。

初心者には、
マレット型パターやネオマレット型パターが
オススメ!という話をよく聞く。

私も最初に
マレット型パターやネオマレット型パターを
勧められて

「初心者には良いのかな?」

と思いながらも分からないまま
大型のネオマレット型パターを買った一人(^-^;)

でも後で買ったブレード型パターや
T字型パターの方が使いやすい。

パターにもいろいろと種類がある。

・ブレード型パター
・マレット型パター
・ネオマレット型パター
・L字型パター
・T字型パター
など

一番好きなのが
T字型パターである
キャッシュインパターと呼ばれているオールドパター。

何で好きかというと
まずデザインがシンプルで
持った時の重量バランスが良い。

それにT字型パターの他の

・ブレード型パター
(いわゆるピン型パター)

・マレット型パター
(いわゆるカマボコ型パター)

・ネオマレット型パター
(結構、大きめのパター)

・L字型パター
(昔からあるこれもシンプルなパター)

なども
打てない事も無いし

それぞれのパターの打ち方にも
面白味があると思う、

ただ、アイアンと同じような感覚で
打てる感じが一番するのがT字型パターで
センターシャフトというものあるが
打った瞬間がダイレクトに手元に伝わってくる。

見た目がこんな感じであるため

「大昔のパター?」
という感じだが

今の私にとって打った感覚が
一番好きなのがT字型パター。

L字型パターと同じで
「初心者には難しい、
 初心者はネオマレットパターのように
 オートマチック的に打てるパターの方が良い!」
という話を聞くことがあるが

そんな事、無視して
「今どきの大きいパターって
 何か合わないな~!」
という人は

是非、試しに使ってみてね(^-^)/

まあ、一番良いのは、
自分がパッティングを楽しめるパターを見つける事だね!

ゴルフ初心者は気を付けよう!ゴルフで嘘だと思う事。チッパー編。

ウッド系のクラブとアイアン系クラブの
長所を取り入れて
ウッド系のクラブが苦手な人に
使いやすく作られたのが
ユーティリティというゴルフクラブ。

ショートアイアンやウェッジとパターの
長所を取り入れて
アプローチショットが苦手な人に
使いやすく作られたのが
チッパーというゴルフクラブ。

ゴルフクラブに詳しい友達にも
「チッパー?何それ?」
と言われた位に知名度が低い。

「チッパーって転がすだけのクラブだから
 それだったらウェッジで・・・」

みたいに言われたこともある。

つまり実際にコースに出た際に
役に立たないと
思われているゴルフクラブだ。

「だけど、それ本当?
 実は、意外と使えるんじゃないの?」

と思い買って実際に使ってみた。

ちなみに私が普段練習場で使っているチッパーは、

・35°謎のメーカー チッパー
(同じロフト角は7番アイアンあたりで
7番アイアン飛距離は120~150程度)

・47°セントアンドリュース チッパー
(同じロフト角はPWあたりで
PWの飛距離は80~120程度)

いくつかの打ち方で試してみたら
転がるだけでなく
ちゃんと37°チッパーで
70~80ヤード飛んでいく。

チッパーってアイアンやウェッジみたいに
ちゃんと飛ばせるよ!普通に!

アプローチショットに、
十分使えるチッパー。

チッパーは、各メーカーから発売されている。

★34°チッパー
(ロフト角 大体、7番アイアンぐらい)

・ファンタストプロ

★35°チッパー
(ロフト角 大体、7番アイアンぐらい)

・プロギア(PRGR)

・オリマー(ORLIMAR)

★36°チッパー
(ロフト角 大体、8番アイアンぐらい)

・パワービルド(POWER BILT)

・GOLF STATES(ゴルフステーツ)

★37°チッパー
(ロフト角 大体、8番アイアンぐらい)

・ODYSSEY(オデッセイ)

★38°チッパー
(ロフト角 大体、8番アイアンぐらい)

・ワールドイーグル
※左右兼用だから便利だけど競技ルールでは使えないので
 エンジョイゴルフやレジャーゴルフに良いね!

★39°チッパー 
(ロフト角 大体、8番アイアンぐらい)

・リンクス(LYNX)

★44°チッパー
(ロフト角 大体PWピッチングウェッジぐらい)

・ファンタストプロ

★45°チッパー
(ロフト角 大体PWピッチングウェッジぐらい)

・プロギア

・オリマー(ORLIMAR)

★46°チッパー
(ロフト角 大体PWピッチングウェッジぐらい) 

・リンクス(LYNX)

・パワービルド(POWER BILT)

・GOLF STATES(ゴルフステーツ)

★52°チッパー
(ロフト角 大体AWアプローチウェッジぐらい)

・CHIPPER Lab(チッパー ラボ)

★55°チッパー
(ロフト角 大体AWアプローチウェッジぐらい)
・MAZEL

・CHIPPER Lab(チッパー ラボ)

★56°チッパー
(ロフト角 大体SWサンドウェッジぐらい)

・GOLF STATES(ゴルフステーツ)

★60°チッパー
(ロフト角 大体LWロブウェッジぐらい)

・MAZEL

・CHIPPER Lab(チッパー ラボ)


 
上級者には、
必要ないのかも知れない
ゴルフクラブではあるが

簡単にボールを打ち上げられない
アプローチショットがまだ苦手という
初心者には、ちゃんと役に立つ
ゴルフクラブだと思うよ。

周りに使っている人が居なくても
アイアンやウェッジでの
アプローチショットが苦手だけど
興味のある人は、是非試してみては(^-^)/

チッパーって結構、安いよ!

アイアンやウェッジで
アプローチショットが上手くなるまで

アプローチショットの所は
チッパーでゴルフを楽しめば
良いんじゃないかな(*^-^*)

タイトリストのマッスルバック歴代スペックの比較。ほぼ同じ。だから良い!初心者にも!

使っているアイアンの多くが

タイトリストのマッスルバックなので
(MB710、MB712、MB714、716MB、718MBの5種類)

どんな感じで違うのか

ちょっと調べてみたよ。

スイートスポット(芯の部分)が
718 MB→716 MB→MB 714→MB 712→MB 710
の順で小さくなっているのは、
使っていて感じるところ。

でも、それは、
芯に当てて打てる人であれば何の問題も無い。

ロフト角やライ角など
数字的には、ほとんど変わらず作られているので
形状は、あまり変わらずスイートスポットが
新しくなればなるほど大きくなっているので
打ちやすいのは確か。

大切なところは、変わらず

それでいて使いやすくなっているところが

タイトリストのマッスルバックの良いところだと思う。

おそらく、
古いタイトリストのマッスルバックから

新しいタイトリストのマッスルバックに買い替えても

違和感なく使えて

それでいて明らかに

打ちやすくなっているので使いやすいと思うよ!

よく「マッスルバックは上級者向けで初心者には・・・。」

という話しがあるけど全くそんなこと関係ない。

上手く打てば綺麗に飛ぶし、
上手く打てなければ手に衝撃が来る。

でも、それは
ある意味上手く打てているか
上手く打てていないかを
自分で把握しやすいということ。

つまりゴルファーの技術を育ててくれるのが
マッスルバックアイアンという事。

私は最初の頃、少しの間、
キャビティバックアイアンを使っていて
キャビティバックアイアンには
キャビティバックアイアンのメリットもあるけど

初心者の時期にゴルフショップなどで
いろいろ言われながらも
マッスルバックアイアンに買い替えて本当に良かったと思う。

いろんなゴルフショップの店員さんに、

「今どき、マッスルバックなんかプロでも使ってない!」とか

「初心者には難しすぎる!」とか

いろいろ言われたけど

あるゴルフショップ店員さんに、

「マッスルバックアイアンは、

 上手く打たないと飛ばないから

 難しいと考える人もいるけど
 
 芯を捉えて打てるようになれば良いだけの話で

 ある意味、ゴルファーが

 ちゃんと芯を捉えて打てるようになるように育ててくれる

 ゴルフクラブとも言える!」と

お聞きして、その言葉を信じて良かったと思う。

今では、普段から

ほとんどマッスルバックアイアンを使っている。

当たり前だけど芯を捉えて打った時の打感は、とても良い!

「まだ初心者だから・・・。」とか

「まだ上手くないから・・・。」という理由で

マッスルバックを使う事を躊躇っている人は、

そんな事は、全く気にせずに

自分がマッスルバックを使いたいと思った時には、

是非、使ってみてね!

カッコイイよ!マッスルバック(*^-^*)

●●●発売日●●●

・620 MB 発売日 2019年8月30日
・718 MB 発売日 2017年9月30日
・716 MB 発売日 2015年11月6日
・MB 714 発売日 2013年11月
・MB 712 発売日 2011年12月2日
・MB 710 発売日 2009年11月1日

●●●ヘッド●●●

●ヘッド素材
(ヘッド素材は変わらず軟鉄)

・620 MB 軟鉄
・718 MB 軟鉄
・716 MB 軟鉄  
・MB 714 軟鉄
・MB 712 軟鉄
・MB 710 軟鉄

●ヘッド製法
(ヘッド製法も変わらず鍛造)

・620 MB 鍛造
・718 MB 鍛造
・716 MB 鍛造
・MB 714 鍛造
・MB 712 鍛造
・MB 710 鍛造

●ヘッド仕上げ
(一時期サテン仕上げになったけどミラー仕上げに戻ってきた。
 個人的には光っているミラー仕上げか好みだけどね!)

・620 MB ニッケルクロームメッキ(ミラー仕上げ)
・718 MB ニッケルクロームメッキ(ミラー仕上げ) 
・716 MB ニッケルクロームメッキ(ミラー仕上げ)
・MB 714 サテン仕上げ
・MB 712 サテン仕上げ
・MB 710 ニッケルクロームメッキ(ミラー仕上げ)  

●ロフト角
(MB 710の頃から最新モデルの620 MBまで全く同じ)

    3I 4I 5I 6I 7I 8I 9I PW 
620 MB 21°24°27°31°35°39°43°47° 

718 MB 21°24°27°31°35°39°43°47°

716 MB 21°24°27°31°35°39°43°47°

MB 714 21°24°27°31°35°39°43°47°

MB 712 21°24°27°31°35°39°43°47° 

MB 710 21°24°27°31°35°39°43°47° 

●ライ角
(MB 710の頃から最新モデルの620 MBまで全く同じ)

     3I 4I 5I  6I  7I  8I  9I PW 
620 MB  60°61°62°62.5°63°63.5°64°64° 

718 MB  60°61°62°62.5°63°63.5°64°64°

716 MB  60°61°62°62.5°63°63.5°64°64°

MB 714  60°61°62°62.5°63°63.5°64°64°

MB 712  60°61°62°62.5°63°63.5°64°64°

MB 710  60°61°62°62.5°63°63.5°64°64°

●バウンス
(MB 710の頃から718 MBまで全く同じ)

    3I 4I 5I  6I  7I  8I  9I PW 
718 MB 2° 3° 4° 4.5° 5° 6° 7° 8°

716 MB 2° 3° 4° 4.5° 5° 6° 7° 8°

MB 714 2° 3° 4° 4.5° 5° 6° 7° 8°

MB 712 2° 3° 4° 4.5° 5° 6° 7° 8°

MB 710 2° 3° 4° 4.5° 5° 6° 7° 8°

●オフセット
(MB 710から714 MBと716 MB以降とで若干違うだけだね)

     3I  4I  5I  6I  7I  8I  9I  PW 
718 MB 0.126 0.122 0.114 0.110 0.098 0.091 0.079 0.075

716 MB 0.126 0.122 0.114 0.110 0.098 0.091 0.079 0.075

MB 714 0.125 0.120 0.115 0.110 0.100 0.090 0.080 0.075

MB 712 0.125 0.120 0.115 0.110 0.100 0.090 0.080 0.075 

MB 710 0.125 0.120 0.115 0.110 0.100 0.090 0.080 0.075